都市銀行と地方銀行のカードローンを比較:都市銀行のメリットデメリット

消費者金融に代表されるカードローンですが、最近では都市銀行や地方銀行などの銀行も、カードローンのサービスを積極的に打ち出しています。消費者金融と異なり銀行のカードローンは、借りることが出来るお金の総額が年収の3分の1までに制限される「総量規制」の対象にならないため、年収に関係なくお金を借りることが出来ます。地方銀行のカードローンと比較すると、都市銀行のカードローンは支店やATMの数が少ないため、利便性があまりよくないデメリットがあります。しかし、借入希望金額を比較すると、三井住友銀行の場合は最大800万円、みずほ銀行の場合は最大1000万円というように、よりたくさんのお金を借りることが出来るメリットがあります。実際に借りられる最大の額は、契約時の審査によって決まるため、必ずしもこの額まで借りられるわけではありませんが、消費者金融と比較しても金利が低く抑えられているため、お金がたくさん必要な人にはおすすめです。