構成の主婦もカード貸し出しの結果ができる要件は?

カード貸し出しを扱っている金融機関には、銀行、信販会社、サラ金がありますが、こういう家信販会社といったサラ金でお金を借りる場合には起こる条件を満たす必要があります。それは、総量調節という基準だ。貸金組合でお金を借りる場合には、「報酬の3分の1を超える貸出を禁止する」という総量調節がかかります。従って、たとえば報酬が120万円ならば、貸金組合では40万円までしか借りることができません。とうにサラ金や信販会社からのカード貸し出しの限度額といったクレジットカードのキャッシング範囲を合わせた金額が40万円を超えている場合にはそれ以上借りることができません。銀行は総量調節の対象外なので、銀行カード貸し出しではこのようなルールはありません。
次に、多くのカード貸し出しの申込み基準となっている、「働いていて安定見返りがある人物」に関して考えてみます。こういう安定見返りは、見返りが低くても月収一定の見返りがあることを示すというのが多彩説だ。従って、非常勤の奥様も問題なくカード貸し出しに申込みができます。奥様の場合は、家族や養育という仕事があるので、報酬100万円程度でも把握に受かる金融機関は多いと思われます。これがひとり暮しで報酬100万円の場合では相当辛いだ。その点で奥様は有利であると言えます。