学生はどんな時にお金を借りている?

お金借りる 学生

専門学校生や大学生は高校生と比べて自由な時間も増えるだけでなく高時給になる深夜バイトもでき収入は上がるものの、その分お金が出ていく機会も多くなります。

お金が必要だけど親には頼れないというときの強い味方が各金融機関で扱っている学生ローンです。

お金借りる 学生

社会人向けの他の借入と比べて借りられる限度額は低いものの、かなりの低利率で借入ができる特徴を持つ同ローンですがお金を借りる目的は人それぞれと言えます。

ゼミやサークルといった友人との旅行代金といった遊行費に使う人もいれば、奨学金と合わせて一時の生活費の足しにする人もいます。

旅行代金 お金

また通っている学費の一部として借入される方もいれば、学校とは別に資格取得や習い事といったダブルスクールの学費に使う方もいます。

どういった目的で借りるかということは意外にも審査に関わってくることなので、借りるときは正確に伝えることが重要です。

もし目的を偽ったことが発覚すれば金融機関からの心証も悪くなるので正直に伝えるようにしましょう。

大学生がお金を借りられる上限額の目安は?

大学生がお金を借りることが出来る上限額は、一般的に20万円から50万円の間です。これは、消費者金融の法律的な仕組み上このようになっています。

お金借りる 上限額

基本的に、年齢を20歳以上超えている人は特に大きな条件をつけなくても消費者金融からお金を借りることが出来ます。消費者金融は無担保の融資を提供しているので大学生であっても保証人などをつける必要はありません。

学生でお金を借りるときの大切なのは、金銭的にきちんと借りたお金を返済することが出来る能力が存在するのかどうかの一点だけです。

学生の身分では正社員として働くことが出来ないのでアルバイトに依存して返済することになりますが、アルバイトであっても借りたお金を返済することが出来るだけの収入があれば問題ありません。

アルバイト キャッシング 学生

実際に審査をする時にはこのアルバイトで得た収入を勘案して上限を決めることになるため、20万円から50万円を範囲として場合によって書類の審査を使った証明をすることになります。

未成年の学生がクレジットカードでお金借りる理由とは
お金借りる 学生